* 今日も頑張りましょう!! *
Golden Retriever Puppies 2009 Calendar 犬に恋するカレンダー2009 FOR WOMEN 犬に恋するカレンダー2009 for MEN

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ブログランキング参加
覗いてくださいm(_ _)m
 ↓  ↓  ↓
人気blogランキングへ
こちらも一緒にお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ




事例Ⅰの再現答案

事例Ⅰの再現答案です。

第1問の違いがうまく書けませんでした。

第5問は、何を書けば良いのか?試験中は、つかめませんでした。
終了直前に、出題者が書いて欲しそうなことを思いついたのですが、
消して書き直すだけの時間はありませんでした。

第1問の両者の強みをうまく融合させるような施策を第5問に書ければよかったのかな。。。
コミュニケーション系の記述がないのが痛いです。
迅速な情報伝達だけじゃ、意図が伝わらないですね。

う~ん。。。

Bとかになっちゃいそうです。
Cは、勘弁してください。



2009/10/26作成
事例Ⅰ

第1問
A社は、①安全安心な菓子作りをモットーに、大都市圏市場への進出を決意してすぐに
実現する等、迅速な意思決定による実行力が高い、②市場や嗜好の違いに配慮しつつ
他店と違うコンセプトで差別化を行う、③新しい創作菓子の開発に取り組む等、製品
開発力が高い。一方F社は、菓子職人の技術が評判になる等、職人気質で良い物を作る、
違いがある。


第2問
理由は、①売場が重複し、商圏が重なるので、販売面で非効率になる、②和菓子と洋菓子
の2ブランドになると、商品アイテムが総花的になり、非効率で経費がかさむ、③企業風土
が違うため、融和を心配した、等のため。


第3問
理由は、業績への貢献度が高いA社の従業員がF社より多く整理されたためである。A社の80%
を占めるパート・アルバイトを中心に、30名程度人員整理され、一緒に働いてきた仲間が
いなくなり、モラールが低下した。


第4問
成果は、菓子職人の技術により、ニーズの変化が激しい大都市圏で消費者嗜好にマッチした
新奇的な商品開発を行うことである。効果は、新作菓子を生み出す生産体制を整備し、F社の
ノウハウを活用し生産性の向上である。


第5問
施策は、①地元市場では、他店と違う店舗コンセプトをさらに強化し、差別化を図る、
②大都市圏では、ニーズに変化に対応した付加価値商品を投入して、従業員教育を行い、
提案販売を強化し、訴求する、③パートにも一定の役割と責任を与え、主体的な行動を促し、
モラールの向上を図る、④迅速な情報伝達を行う、等である。



スポンサーサイト

ブログランキング参加
覗いてくださいm(_ _)m
 ↓  ↓  ↓
人気blogランキングへ
こちらも一緒にお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ




試験委員の著書って読む必要あるの??

ビジネスモデル革命が読み終わりました。

事例Ⅰの出題者と噂される岩崎尚人先生の著書です。

受験生が試験委員の著書を読む必要があるのでしょうか?

試験に直接関係なかったとしても小生は、読むべきだと思っています。

単に読書が好きなだけかもしれませんが、得るものは必ずある。

合格発表前のこの時期だからこそ、時間を無駄に過ごすのはもったいないと考えます。

尊敬するあのヒトに倣い、仕事に勉強に全力で頑張ります。

いつか努力が報われることを信じて。

たまには、真面目に書いてみましたv


ビジネスモデル革命―競争優位から共創優位へ





ブログランキング参加
覗いてくださいm(_ _)m
 ↓  ↓  ↓
人気blogランキングへ
こちらも一緒にお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ




本日は事例1・・・

事例Ⅰは、おそらくB評価だと思われます。
あくまで、自分の感覚でしかありませんが・・・



第2問、第3問が駄目です。

特に第2問が痛いですね。
題意に対応してない。
航空会社との関係などが書けてない・・・

途中まで書いて、書き直しちゃいました。
なぜか、この設問でブレーキを踏んでしまった・・・
この設問は難しいと判断したんだから、思い切って勝負に行かなきゃ。。。
弱いな~


第3問は、文章がヘン
人事権・購買権に関してもっと突っ込んで書かないと点にならな・・・
ごまかそうとして、小手先でチョコチョコ書いているのがわかる。


第4問の括りは、生産性の向上を図る。と書いたような記憶もありますが、大勢に影響はないか。。。


対応が悔やまれますが、出だしとしては悪くない感じかな??
(他がしっかり出来ていればですが・・・)
あぁ~~~~

得体の知れない本試験の恐怖に脅えすぎていた。。。



【事例1】
第1問 20点 歴史的展開、強み、形成要因

A社の強みは、温度管理、配送、品質管理などの組織的な体制による事業展開である。要因は、①経営陣の迅速かつ適切な意思決定、②責任者任命による体制の整備、③タイミングよく設備投資を行ったこと、等である。

第2問 20点 コスト削減の背景 商品特性から

食の安全に対する消費者の意識が高まる中、①客の嗜好や季節に合わせて継続的にメニュー開発を行う必要があり、①ハサップにより安全性を確保しつつ、厳しい低価格競争に対応するため、コスト削減が必要である。


第3問 20点 権限を料理長から工場長に移管したことのコスト削減への効果は?

料理長は現場レベルの改善であるが、権限を工場長に移管することで、①収益責任の明確化を図り、コスト削減が全社的な課題であることを社内外への周知し、従業員の意識改革②人事・購買の意思決定の迅速化、③部門関連携の強化で意思疎通の円滑化、等の効果によりコスト削減活動が進展すると考えられる。


第4問 20点 SWSが生産性向上を生み出す可能性と、効果的に機能させるため必要な点

成果が目に見えるので、やる気、働きがいが湧き、モラールや能力が向上する可能性がある。A社は、①評価基準を公開し透明性を高め、公正な評価・報酬制度の導入、②マニュアル整備による計画的な教育、③効果のフィードバックによる納得性を高めこと、等が必要であり、効果的にモラールの向上を図る。

第5問 20点 一般市場への展開の成否と理由

成功すると思う。
理由は、①強みの温度管理、配送体制、品質管理、等を活用し、②食の安全に対する意識の高まりを機会と捉え、自社ブランドの投入やチャネル開拓により、企業イメージと収益向上を図れ、③環境変化へ対応できるから。




ブログランキング参加
覗いてくださいm(_ _)m
 ↓  ↓  ↓
人気blogランキングへ
こちらも一緒にお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ




直前演習5,6の結果

TAC事例直前演習の5、6が返却されました。

直前演習5(組織)49
合格判子ゲット!!

直前演習6(マケ)63
合格&すごい判子ゲット!!

渋谷では、60点以上は1人かな??とMコーチがおっしゃっておりましたv
素直に嬉しい♪

8月以降、急に成績が↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
ほんのちょっとしたコトなんですけどね・・・
たぶん誰でも出来ること・・・
たったそれだけのこと・・・
これまで、苦労したな~

せっかく手に入れたスキルなので、本試験まで磨きまくります。

と~~ても良い感じです。


ところが。。。。


財務でまた、やってしまった。
設問の指示無視(読み飛ばし)により20点ぶっ飛びました。

財務のプロセス(もしかしたら、全事例)に致命的な問題があることを指摘していただきました。

プロセスがヘン。。。(ジャニさん)
それじゃぁ、間違えて当然。(たくちょくさん)
おかしいよ~~~~・・・と(ジャニさん)
ケチョンケチョンに駄目出しをしていただきました。
(お二人ともTAC財務90点オーバーの猛者なので、何を言われても素直に受け入れる)
(むしろ貴重なご意見、涙が出るほど嬉しい。100時間以上の勉強時間に匹敵するかも!?)

ジャニさん、たくちょくさん、ありがと~~~~~


確かに、toshipは得点のバラツキがあり過ぎる。
そもそも【解答】の日本語がヘン!?
字が汚い。。。
頭、悪そう~~~~

それでも、今年は一緒に合格します。
離されないように、最後までビッタリと貼りつきますよ~~~
一緒にセルリアンタワーでの祝賀会、参加しましょう♪





ブログランキング参加
覗いてくださいm(_ _)m
 ↓  ↓  ↓
人気blogランキングへ
こちらも一緒にお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ




演習の反省とちょっとした振り返り

『解答方針』
■与件を活用して、答案を作成する。
知識一辺倒の解答からの脱皮のため、ただいまプロセスのリハビリ中です。
完全に、自分を見失いバランスを崩していました。
自分の思いや考えを抑えた解答作成に取り組み中。
徐々に成果が現れています。

嬉しいことに、バラバラだった知識・プロセス・思考・メソッド等のメッシュ化が脳内で進行中です。
TACで学んだこと、GWのAAS合宿、MMCが伝えたいこと・・・・自分の中で、勝手に繋がっちゃいましたv
ツルツルに磨き上げます。

まだまだ、ギュイ~ンと伸びますよ~~

『TAC演習の反省点』
■思いついたこと(ライン拡張/ブランド間のシナジーや活性化)をメモしたが、バツを書いて引っ込めた。
①与件の根拠から妥当であれば、知識がすべて悪いわけではない。
②他の解答の可能性を考えず、思いつきで飛びついたり、何の判断もせずに書いてしまうことがイケナイだけ。
③正しいことまで、打ち落とす必要はない。
④過去⇔1年前の対比を意識して、何が違うのか?を考え、ブランド浸透の違い、稼働状況の違いなどを丁寧に検討し、メモを与件に書き込んだ。しかし、解答作成段階で、せっかくのメモを活用しなかった。その結果、メモに書き込んだ「根拠」が漏れ、「洞察」が多くなってしまい、十分な得点を確保できなかった。

※競合と自社の対比/過去と現在の対比などの対立軸を強く意識して、解答にカッチリと書く。

『良い点』
①知識を使わずに、与件に喰らいつきそれっぽい答案作成を行えた。
②使うべき根拠を特定していくと、必然的に使わなければならない根拠が絞られるケースがあることに気づいた。この気づきは大きいです。少し楽になりました。


①知識先行にならないように、注意しながら、与件の根拠に基づいていれば、もう一歩踏み込んだ、対応をしても大丈夫。
②確信を持ったら、恐れずにカッチリと書き上げる勇気も大事。

『TAC直前財務④返却』
75点と微妙な得点。。。
90点以上も結構いらしたそうです。
今回の難易度だと85点以上は、キープしたかった。

要因①
標準原価計算が書けませんでした。10点失点です。ガ~ン
みんな出来てるんだろうな・・・

罰ゲームを実施。10回の写経。
①原価差異を直接・・・・・
②原価差異を直接・・・・・
③原価差異を直接・・・・・
④原価差異を直接・・・・・
⑤原価差異を直接・・・・・
⑥原価差異を直接・・・・・
⑦原価差異を直接・・・・・
⑧原価差異を直接・・・・・
⑨原価差異を直接・・・・・
⑩原価差異を直接・・・・・

ふぅ~~終わりました。コピペだと楽ですね。

標準原価計算の説明ができない受験生から、ちゃ~んと説明できる受験生にパワーアップしましたv

要因②
経営分析で15点(17点)/30点と大量失点。ガ~ン
う~ん。。。指標を一つ外してますが、原因の内容は、悪くないと思うんですが・・・
採点基準とほとんど同じ内容で、ちょっとした言い回しが違うくらい。
気になるので、質問をしよう。
そうそう合計も間違ってるし。。。ほんとは77点ですね。
た~くさんの答案採点で、お疲れなんでしょう。
最近心はギスギスしてますが、大らかに流すことに・・・
添削のコメントに感謝しています。

『MMC直前マケ②返却』
66点。。。
大変良く出来ましたv
素直に、嬉しい~~♪
モチベーションアップ↑↑↑です。

LTVについて、キーワードを活用した答案を・・・・とのコメントがありました。
知識を補充しておきます。

MMCだと〇〇面とかの切り口を書かないと・・・
そんなことは、一切考えていません。

あくまで、〇〇〇メソッドに基づき、本試験で自分が実施しようと考えているプロセス、解答の書き方で演習しています。
しっかりと題意を捉え素直に解答すれば、どの学校でも得点は出るハズです。
(GWのAASのマケでもトップ取れたから、多分そう。全体の一貫性なんて考えていません。設問間の整合性や設問に(1)(2)とあれば、繋がりは考えますが・・・)

読みやすく、採点者に伝わりやすい、ちょっとした付加価値のある書き方などを学びに行っています。
もちろん、参考になるコトは何でも、柔軟に取り込みます。



上記に書いた『一貫性』で思い出した、重要なことがあります。
長くなったので、明日のエントリーで書きます。


ブログランキング参加
覗いてくださいm(_ _)m
 ↓  ↓  ↓
人気blogランキングへ
こちらも一緒にお願いします。
 ↓  ↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ 国家試験へ




Google


◇受験支援◇

資格の学校TAC

LECの通信講座

AAS診断士2次対策

MMC

ダイエックス

日本マンパワー

TBC

中小企業診断協会

◇お気に入り書籍◇



◇リンク◇

FC2ブログをはじめよう!
登録はこちら>>>

楽天

イーバンク銀行

CMサイト



◇転職支援◇

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。